スタッフブログ 一覧

今年一番の映画を観てピアジェ アルティプラノ 900Pに思いを馳せる…


どうもモリタです。

 

先日ちょっと福岡まで足を伸ばして、映画を観に行ってきました。

その映画というのが、

AA7A3E87-F6AF-4BBB-8976-FE8ADE79F924

『カメラを止めるな!』

福岡県内ではこの時は福岡市のキャナルシティ内の映画館でしか上映しておらず(しかも夜の2回のみ!汗)、やむを得ず片道50キロの遠征…どうしても早く観たかったんですよね。
19時35分開始ということをネットで確認していたので、ちょっと早く出て、ご飯でも食べてから観るか。と思い17時くらいにキャナルシティに到着して映画館へ。さて、先にチケット買っとこうと思ってなにげにチケット売り場の電光掲示板を見たところ、

 

「カメラを止めるな! 19:35 × 21:45  」

 

・・・え!?

すでに満席・・・汗
舐めてました・・・。
うちの近所の映画館では、平日に満席になるなんてことは、ほとんど無く、しかもたいして宣伝もされていない(失礼!)邦画で、開演2時間前に満席になるなんて、聞いたこともない(後日知ったのですが、ちょうど観に行った日に「Yahoo!ニュース」で紹介されたみたいです…タイミング悪い汗)。
福岡がすごいのか?それとも「カメラを止めるな!」という作品がすごいのか?

流石に夜9時過ぎまで待てないので、ダメもとで受付のお姉さんに「もしかして満席です?」と聞いてみたところ、「4席だけなら空いてますよ~!」とありがたいお言葉。天使ですかお姉さん!!

 

ちなみに空いていた4席はすべて最前列。
どこを選んでも首は痛くなること必然ですが・・・悩んだ末に選んだ席はココ、

 

劇場

 

・・・汗

満席、そしてこんな前で観るのなんて小学校の時に観た「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」(名作!!)以来ですよ。
はたして、こんな席で映画を楽しめるのかしらん?と若干の不安を感じながら食事をとり、いざ劇場内へ

・・・・・

・・・・

・・・

 

「いや~面白かった!!(^-^)」

 

この数ヶ月のブログで最大のフォントで表現したことで、私の満足度をお察し下さい(しかも普段使わない、慣れない絵文字まで使ってる…汗)。

映画の内容に関しては、こればっかりは、これから観に行く人のためにも一切書くことはできませんが、間違いなく今年見た映画の中で一番楽しめた映画でした。

内容はもちろんですが、久しぶりに経験した、満席の劇場の雰囲気が良い!
面白いシーンでは場内大爆笑。皆さんが大声を出して笑っているので、私も心置きなくゲラゲラ笑えます。
もちろん緊迫のシーンでは、皆固唾を飲んでスクリーンを見つめ・・・

そして、なにより感動したのは、エンドロールが終わり館内が明るくなった時に自然発生した拍手。

試写会でもないのに自然に拍手が起こる映画館って・・・これほど幸せな体験があるでしょうか。

 

後にとあるラジオ番組で聞いたところによると、この映画の総製作費は約300万円程度とのことです。
一般的に低予算と言われている日本の映画でも1億円は当たり前にかかっているこのご時世に300万円。
監督、スタッフ、演者の努力と創意工夫でここまでの作品を作り上げられるとは・・・
この映画にかかわった皆さんに只々、感服させられます。

 

・・・

 

映画のことを考えていたら、いろいろなことにまで考えが広がってしまいました。

強引に時計の話につなげてしまって申し訳ないのですが、小林時計店で300万円といえば300万円の高額時計ということになるかと思います。
いくつかある300万円の時計の中で、私が思いを馳せるのは・・・

content

ピアジェ アルティプラノ アルティメートマニュアルウォッチ

厚さ3.65mm(世界最薄手巻腕時計)というピアジェがこだわりにこだわって作り上げられた極薄ムーブメント「900P」が搭載されたこのモデルが、定価320万円(税抜)。

C75CC69D-C039-465D-BCDC-57CA17638956

今ならお店でご試着可能です

この映画の制作費と同じくらいの、1本の時計。
考え方は人それぞれではありますが、ピアジェという時計メーカーは、この極薄時計に対して、考えられるすべての「薄さ」に対する技術を詰め込み、こだわりにこだわって、努力を注ぎ込んだ時計です。
そしてその努力とこだわりは、ピアジェのアイデンティティとして、世界中の時計ファンに認められ、確固たる地位を築いている。

 

300万円の制作費の映画と300万円の時計・・・

 

けっして比較すべきものではないのかもしれませんが、こだわりにこだわって、関わった人々の努力が注ぎ込まれているという点に関しては共通するところがあるのかもしれませんね。

 

ちなみに・・・

私が大いに楽しんだ「カメラを止めるな!」ですが、8月末には公開館数が一気に増えるようです。
北九州でもチャチャタウン小倉、イオンシネマ中間にて公開予定。
私も時間を作ってもう一度は観に行く予定です。
みなさんも、是非この映画を映画館でご覧になってみてください。
家でDVDを見るのとは違った、素敵な体験ができるかもしれません。

 

 

 

小林時計店ジュエリーサイト

当店はAJHH(日本正規高級時計協会)の加盟店です

株式会社小林時計店

<小倉本店>〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町1丁目3-6
TEL. 093-521-0013 / FAX. 093-522-7735
[営業時間] 10:00〜19:30
<大分店> 〒870-0952 大分県大分市下郡北3丁目25-11
TEL. 097-529-7221 / FAX. 097-529-7395
[営業時間] 11:00〜19:00